ニュースリリース

ニュースリリース

都内小学校の特別支援学級で、プログラミング教育ロボット『こくり』を活用
「民間企業との連携」として日本教育新聞に紹介されました

2020.01.06

News

 日販テクシード株式会社(代表取締役社長:藤澤 徹、略:NT)が独自に開発したタブレット一体型のプログラミング教育向けロボット『こくり』を使った特別支援学級での授業の様子が、教育業界紙 日本教育新聞1月6日号に紹介されました。


掲載記事はこちら

2020-01-22 172052

 

日販テクシードは、新しいテクノロジーを活用して社会課題に取り組み、社会と人々のしあわせにつながるソリューションをご提案していけるよう、日々活動しております。今後も、日本の特別支援教育に貢献できるようロボット教材を発展させていくとともに、『こくり』によって教育に携わる教員やそこで学ぶ児童へより良いサポートが提供できるよう、開発に取り組んでまいります。

■プログラミング教育ロボット『こくり』とは?
私公立小中学校で活用していただくために、NTが独自に開発したプログラミング教育向けロボットです。東京都プログラミング教育推進校に指定されている公立小学校をはじめ、都内の私公立小中学校を中心に利用されています。
専用のプログラミングソフト上でブロックを繋ぎ合わせて視覚的にプログラミングをすることで、『こくり』をしゃべらせたり動かしたりすることができます。
楽しみながら自然とプログラミング的思考の基礎である順列や並列の考え方を学習し、論理的思考力を養うことができます。(特許、意匠権取得済)

■特別支援学級の授業でのロボット『こくり』実証実験
https://www.techceed-inc.com/news/3993/
https://www.techceed-inc.com/news/5335/
https://www.techceed-inc.com/news/5638/

■会社概要
「新しいテクノロジーの活用により子どもたちのワクワク感を膨らませ、「楽しみながら学べる」教材・サービス・場を提供する」というミッションのもと、ロボット教材の開発、公共図書館でのブログラミングワークショップ、デジタル知育遊具、イベントソリュ-ションなどを展開しています。2019年11月からは、都内小学校へのプログラミング教育研修サービスと出前授業を開始し、プログラミング教育の普及に取り組んでおります。
コーポレートサイト:https://www.techceed-inc.com/
こくり教材特設サイト:https://edu.techceed-inc.com/

■本件に関するお問い合わせ
日販テクシード株式会社
担当:広報 牧野、飯田
TEL:03-5280-7711
MAIL:press@techceed-inc.com